高校卒業した感想

僕は先日高校を卒業しました。高校時代って結構人生の節目だと思うんです。

 

18歳になって免許取得などの行動の幅が広がったり、就職か大学かが決まったり、はたまた専門学校や短大という道もあります。

 

その人生の節目となる高校時代を卒業した感想などを書いていけたらなと思います。

 

1年

f:id:tako42:20210304015358j:plain

高校デビューなどの大切な時期である1年編です。

なんか流れに乗った形で友達ができた

f:id:tako42:20210304015443j:plain

僕はもともと内気な性格で、知らない人に話しかけるとかは絶対にできないタイプです。

 

ただ、僕は結果的におそらくですけど、友達は多い方だったと思います。

 

では、なぜこの性格で友達が多数で来たのかと今になって考えてみると、周りの人の性格のおかげだったと思います。

 

なんか僕の1年生の時のクラスは結構騒がしい方のクラスで、男女関係なく全然しゃべる感じのクラスでした。

 

陰キャが全面的に出ている僕ですら例外ではなく、男子はもちろん、女の子ともよく話していました。

 

この騒がしいクラスを作った数人のグループとは卒業した今でもよくLINEをしますし、仲がいいと思います。

 

そしてそのグループの中でもボスみたいな陽キャな奴がいたんですけど、そいつは本当に誰にでも話しかけるやつで、たぶん学校のほとんどの同学年と先生と仲が良かったんじゃないかなと思わせられるようなやつでした。

 

まぁそんな感じで1年生の時に友達がいない高校生活は回避できたのでこの3年間は結構楽に生きれたなと思いました。

 

陰キャっぽい人とも仲良くなれた

f:id:tako42:20210304015743j:plain

陰キャっぽい人とか言ったらちょっと反感を買ってしまいそうですが、暗い感じの人っていう意味です。

 

僕は上記で話した友達のおかげで友達が多数出来たことで調子に乗っていました。

 

そして調子に乗っている僕は見知らぬ人に話しかけまくっていました。これが結果的に良くて、クラスが騒がしい感じのクラスでもやっぱり話せないタイプの人はクラスにもいたんですけど、そんな人たちに話しかけたことによって、そんな人たちとも仲良くなれました。

 

その結果、そんな人たちもほかに友達ができて、すごく明るいクラスになったのかなという印象でした。

 

なんか阪神ファンというイメージをみんなに持ってもらえた

f:id:tako42:20210304020030p:plain

僕は阪神ファンなのですが、それを1年の時から周りに結構公表していました。その結果、同じく阪神ファンの友達や、野球ファンの友達がほかのクラスからもできて、阪神ファンといえばおたこみたいな感じになっていたので、周りの人たちが良く話しかけてきてくれたのかなと感じました。

ゲーム仲間ができた

f:id:tako42:20210304020440p:plain

僕が1年生の時に、パワプロアプリガチ勢の友達が2人もいて、当時僕もはまっていたパワプロアプリの話で花を咲かせることができました。

 

最近は昔よりゲームをしている人に対して嫌悪感を持っている人は少なくなってきましたが、このことをきっかけに僕がゲームオタクであるということを理解してくれる人が増えてよかったです。

2年

f:id:tako42:20210304020524j:plain

お次は2年編ですけど、1年で話しまくったのでもう書くことがないです。

1年で同じクラスだったやつがたったの2人でクソ焦った

f:id:tako42:20210304020601j:plain

結局僕が1年で話せていたのは、1年のクラスの雰囲気と僕が調子に乗っていたからで、2年のクラスは結構静かなクラスで、さらに流石に1年間も調子に乗っていたら僕も落ち着きます。

 

いままで話せていた原動力の2項目が一気になくなって僕は全然しゃべらない人間になりました。

友達が急に増殖した

f:id:tako42:20210304020630j:plain

ただ、ある日の保険の車いすを動かしてみるみたいな授業で友達ができます。(とりあえずその友達のことを今は友人Aと呼びます。)

 

その友人Aは謎に友達が多いです。

 

その友人Aがなんかめっちゃ友達を紹介してくるんですね。それでしゃべってみて仲良くなってを繰り返しまくっていたらなんかクラスにもなじめてました。

バイトとの出会い

f:id:tako42:20210304020812p:plain

なんかその友人Aにバイトも紹介されて、バイトを始めました。

 

当時僕はマジで金に困りまくっててどうしてもバイトをしたいんだけど、人に金もらって迷惑かけるのが怖いし、知らん人と働くのが怖いっていうのを伝えたら友人Aといつの間にか一緒に働いていました。

 

3年

f:id:tako42:20210304020908j:plain

マジで書くことないです。

パソコン地獄

f:id:tako42:20210304020940j:plain

何を思ったのか僕は2年生の時にパソコンを学ぶ機会が多いコースを何も考えずに選んで、右も左もわからないのにパソコンばっかり触ることになってしまいます。

 

どれくらい多いかっていうと1週間に6時間パソコンがあります。1ヶ月24時間。

 

それほどパソコンを触る生活になったのに全くパソコンに慣れません。結局ブラインドタッチも学校ではなく自力で学んで会得しました(いまだに寿司打の1万円コースはクリアできないほどの腕前です)

 

なんかExcelの使い方とかプログラミングとかもやりましたけどいまいちよくわからないまま1年間を過ごしました。

 

進路決定

f:id:tako42:20210304021010j:plain

結局進路は大学進学にしました。片道二時間半です。頭おかしいです。

 

先生には遠すぎると20回くらいは止められました。でも僕が考えている生き方として、みんなと同じように生きている人は、みんなと同じようにしか成長しないんじゃないかなと考えています。

 

普通に大学進学しても普通の人になるだけです。別に普通でいい人はそれでいいですけど、僕は個性を伸ばしていきたい人間なので、普通の生き方はしたくありません。

 

一度ニートになるならニートになった人の経験、ホームレスになった人ならホームレスになった人の経験があるはずですし、絶対にそれはどこかで生きてくるはずですし、決して無駄なことではありません。

 

それと同じで2時間半を通学に使う経験をしておきたいと思いました。朝の2時間半という時間を僕は有効に使えるのかの確認。使える場合は何をするのか、使えない場合はどう時間を無駄にしてしまうのか知っておくことは今後の人生のために僕は必要だと思いました。

 

高校三年間の総括

f:id:tako42:20210304021040j:plain

友達が多かった高校生活だったのですが、この友達が多い高校生活は僕の実力ではなく誰かの実力だということを思いました。しかしながら、こんなに友達を得られる環境に置かれた僕の運はやっぱりいいなと思いました。

 

基本的に僕は運がいい方の人間なのですが、この三年間は特に運が向いてきた感じがします。ただそのせいでそろそろ運が下向いてくる時期かなと少しビビっております。

 

 

いつものおまけ

6日に1度のブログ更新は今回も失敗しました。今回の失敗は、前回投稿の6日後が卒業式と被ってしまっていたからです。申し訳ございません。

 

そして今回のブログはクソおもんなかったと思います。それはなぜかというと、何を書けばいいのかわからない状態に陥っています。一応ブログのネタは思いついた瞬間にLINEの一人グループにメモを取るようにしているんですが、後々そのメモを見たときに「なんやこのネタおもんな、かけるわけないやろ」ってなってしまって全く欠けていない状況です。

 

まじでブログのネタが思いついた瞬間にそのブログを書かないとモチベーションが持たないなと思いました。

 

最近アマゾンプライムで見るべきアニメがなくなってきました。皆さん見るべきアニメをツイッターかなんかで教えてください。見てたら明るい気分になるアニメなら◎